メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

認知症サポーター、1000万人に 「全国キャラバン・メイト連絡協議会」事務局長・菅原弘子氏

安心して住める地域を

 認知症を正しく理解する講座を受講し、地域で認知症の人を見守る「認知症サポーター」=1=が今年、1000万人を超えた。超高齢社会を迎え認知症の人が増え続ける中、サポーター数の伸びは政府の目標を上回っている。サポーターによって社会はどう変わったのか。事務局を担う「全国キャラバン・メイト連絡協議会」の菅原弘子事務局長に聞いた。【聞き手・永山悦子、写真・藤井太郎】

--認知症サポーターという仕組みは、どのように考案されたのですか。

この記事は有料記事です。

残り2848文字(全文3071文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです