メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

認知症サポーター、1000万人に 「全国キャラバン・メイト連絡協議会」事務局長・菅原弘子氏

安心して住める地域を

 認知症を正しく理解する講座を受講し、地域で認知症の人を見守る「認知症サポーター」=1=が今年、1000万人を超えた。超高齢社会を迎え認知症の人が増え続ける中、サポーター数の伸びは政府の目標を上回っている。サポーターによって社会はどう変わったのか。事務局を担う「全国キャラバン・メイト連絡協議会」の菅原弘子事務局長に聞いた。【聞き手・永山悦子、写真・藤井太郎】

--認知症サポーターという仕組みは、どのように考案されたのですか。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. DV被害で夫殺害、妻の被告に求刑半分3年6月判決 名古屋地裁
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです