メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

認知症サポーター、1000万人に 「全国キャラバン・メイト連絡協議会」事務局長・菅原弘子氏

安心して住める地域を

 認知症を正しく理解する講座を受講し、地域で認知症の人を見守る「認知症サポーター」=1=が今年、1000万人を超えた。超高齢社会を迎え認知症の人が増え続ける中、サポーター数の伸びは政府の目標を上回っている。サポーターによって社会はどう変わったのか。事務局を担う「全国キャラバン・メイト連絡協議会」の菅原弘子事務局長に聞いた。【聞き手・永山悦子、写真・藤井太郎】

--認知症サポーターという仕組みは、どのように考案されたのですか。

この記事は有料記事です。

残り2848文字(全文3071文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです