メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア軍

“安全地帯”空爆 市民126人死亡 停戦合意形骸化

トラックの荷台に乗りダルアー県から避難する人々=2018年6月30日、ロイター

 【カイロ篠田航一】シリアのアサド政権軍が反体制派支配地域の南部ダルアー県への攻撃を強化し、空爆が始まった6月19日以降、30日までに市民の死者が126人に達した。在英民間組織・シリア人権観測所が明らかにした。同県は昨年7月、米国とロシア、シリアの隣国ヨルダンが避難民保護などを目的に「緊張緩和地帯」(安全地帯)設置で合意した場所の一つだが、政権側は「テロリスト掃討」の名目で空爆を再開し、停戦合意は事実上形骸化している。

 同観測所や国連によると、ダルアー県では16万人が避難を開始し、ヨルダンやイスラエルの国境方面などに…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文883文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです