メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ大統領選

投票開始 初の左派政権誕生、公算大

 【メキシコ市・山本太一】メキシコ大統領選の投票が1日午前(日本時間同日午後)、始まった。世論調査によると、汚職と犯罪の撲滅を掲げる新興左派政党「国家再生運動(Morena)」党首の元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(64)が、他の候補を大きくリード。メキシコで初めて左派政権が誕生する可能性が高まっている。Morenaは同時に実施される上下両院議員選でも第1党をうかがう勢いだ。

 ロペスオブラドール氏は選挙運動最終日の6月27日、メキシコ市のサッカースタジアムで「腐敗した政権を…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです