メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く 米の「対イラン」注視 元パキスタン外相 カーシッド・マフムード・カスリ氏

パキスタンのカスリ元外相=松井聡撮影

 核兵器を自ら開発した国が核兵器を手放したのは、これまで南アフリカ以外、例がない。パキスタンの核開発を指示したズルフィカル・ブット元首相が「草を食べてでも、核武装を果たさなければならない」と言ったように、大変な思いをしてやっと手にした核兵器を手放すのは極めて難しい。とりわけ北朝鮮やパキスタンのように、安全保障上の懸念を抱える国はなおさらだ。

 ただ、超大国の米国は世界のどの国にとっても「隣人」で、結局、我々は米国とうまく付き合っていくしかな…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです