メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く 米の「対イラン」注視 元パキスタン外相 カーシッド・マフムード・カスリ氏

パキスタンのカスリ元外相=松井聡撮影

 核兵器を自ら開発した国が核兵器を手放したのは、これまで南アフリカ以外、例がない。パキスタンの核開発を指示したズルフィカル・ブット元首相が「草を食べてでも、核武装を果たさなければならない」と言ったように、大変な思いをしてやっと手にした核兵器を手放すのは極めて難しい。とりわけ北朝鮮やパキスタンのように、安全保障上の懸念を抱える国はなおさらだ。

 ただ、超大国の米国は世界のどの国にとっても「隣人」で、結局、我々は米国とうまく付き合っていくしかな…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです