メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「あの夏、二人のルカ」ほか

 ■あの夏、二人のルカ(誉田哲也著・角川書店・1620円)

     高校2年の夏、久美子はクラスメートの翔子、実悠とバンドを始める。演奏はしないがいつも練習に付き添う瑠香、さらに転校生のヨウが加わって、音楽のレベルは急上昇。きらめくような青春と、不意にやってくる現実の壁。14年後に振り返る構成で、あの日々の裏で本当は何が起こっていたのか、感動的に描き出す。(内)

     ■ネコおやぶん(岩合光昭著・辰巳出版・1728円)

     ふてぶてしい顔。荒々しいしぐさ。置物のタヌキのようにふくらんだ腹……。日本と外国で、まさに「親分」のように貫禄のあるネコたちを写した。「ネコパンチ」や裏返っての熟睡など、ネコ好きには見慣れた光景の一方、ビールをなめるネコや、飼い主といっしょにサーフィンをするネコなどに驚かされる。(栗)

     ■都バスで行く東京散歩 最新版(加藤佳一著・洋泉社新書y・999円)

     東京に住んだり、勤めていたりすると、何気なく使ってしまう都バス。だが路線沿いには、味な店や歴史的建物、気持ちのいい公園やユニークなミュージアムなどが目白押しだ。1日乗車券は500円。ワンコインを握って街の新たな魅力を探しに行こう。(広)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
    2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
    3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    4. 北海道 気温上がらず 斜里町で14.9度と5月中旬並み
    5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 北大会 花咲徳栄VS上尾 昨夏覇者と古豪 あす決勝で激突 /埼玉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]