メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケットボール

一度でいいから見てみたい。レイクスが優勝するところ 「勝利のカルチャー作る」 新体制発表 /滋賀

新体制での飛躍を誓う滋賀レイクスターズの(後列左から)鹿野洵生、荒尾岳、樋口大倫、高橋耕陽、佐藤卓磨、紺野ニズベット翔、(前列左から)伊藤大司、二ノ宮康平、狩野祐介の各選手とショーン・デニスHC=大津市におの浜4で、濱弘明撮影

 バスケットボールBリーグ1部(B1)に所属する滋賀レイクスターズ(レイクス)の新体制がほぼ固まり、2018-19シーズンに向けた記者会見を2日、大津市内で開いた。2季目になるショーン・デニス・ヘッドコーチ(HC)は「得点能力やポイントガード(PG)のリーダーシップを高めるチームづくりができた。昨季の24勝を上回り、さらに勝利を重ねるためのカルチャーを作り上げる」と宣言した。

 昨季から大幅に選手が入れ替わり、チームに残るのは狩野(かりの)祐介主将(28)と樋口大倫選手(27…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです