メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ大統領選

史上初、左派大統領 「対米改善を模索」

メキシコ大統領選に当選し、手を上げて支持者に応えるロペスオブラドール氏=メキシコ市で1日、ロイター

 【メキシコ市・山本太一】任期満了に伴うメキシコ大統領選の投開票が1日にあり、野党・左派「国家再生運動(Morena)」の元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(64)が当選した。メキシコ史上初の左派政権が誕生する。移民や貿易問題で難題を突き付けるトランプ米政権に強硬姿勢をみせてきたロペスオブラドール氏だが、勝利演説では米国との関係改善を目指す考えを示した。12月1日に就任し、任期は6年。

 一方、ロペスオブラドール氏は従来、米国、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉は自身の政…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文996文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです