メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

米朝首脳会談 戦略的妥協か単発のショーか=論説委員長・古賀攻

握手する米朝の両首脳=シンガポールで2018年6月12日、AP共同

国内各紙・会談自体は否定せず/米紙・「独裁者が称賛された」

 シンガポールでの米朝首脳会談から3週間が過ぎた。異端の指導者2人が握手する映像は世界を席巻したが、それで出口が見えたわけではない。なのに早くもヤマを越したかのような空気が漂う。

 世紀の「6・12サミット」をどう考えるべきか。「このようなディール(取引)を繰り返すなら、平壌にトランプ・タワーが建つ前に、ホノルルに金正恩(キムジョンウン)ヒルトンがオープンするだろう」と酷評したのはハーバード大のスティーブン・ウォルト教授(ニューズウィーク日本版6月26日号)だ。

 日米では同様の辛口批評が目立つ。論評のポイントを整理すると次のようなものだろう。

この記事は有料記事です。

残り2179文字(全文2481文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです