メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

災害1日前に戻れたら何を=三野雅弘

 大阪府北部を中心に震度6弱を観測した地震は、大都市の朝のラッシュ時を襲った。広範囲で鉄道網がストップし、ライフラインが混乱するなど都市の脆弱(ぜいじゃく)性をさらけだした。新たな課題だろう。

 全国各地で自然災害が多発しているが一つとして全く同じものはない。災害に強い社会を作るには一つ一つ教訓を積み重ねて共有していかなければならない。

 私が注目しているのは、2006年度から13年度まで内閣府が取り組んだ「1日前プロジェクト」という事…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文885文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです