メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

北朝鮮との拉致問題交渉 日朝首脳会談で真意探れ=小山由宇(政治部)

米朝首脳会談を受けて拉致被害者家族会のメンバーと面会する安倍晋三首相(右)=首相官邸で6月14日、藤井達也撮影

 非核化の期限や具体的手法について合意できず、ミサイル廃棄への言及もなかった。物足りなさが残った米朝首脳会談だが、それでも北朝鮮が対話のテーブルに着いた意味は大きい。この好機を生かそうと、安倍晋三首相も日本人拉致問題の解決に意欲を示している。「拉致は解決済み」と、かたくなな北朝鮮の姿勢は変わりうるのか。日朝首脳会談で北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の真意を確かめ、解決法を探るべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです