メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

北朝鮮との拉致問題交渉 日朝首脳会談で真意探れ=小山由宇(政治部)

米朝首脳会談を受けて拉致被害者家族会のメンバーと面会する安倍晋三首相(右)=首相官邸で6月14日、藤井達也撮影

 非核化の期限や具体的手法について合意できず、ミサイル廃棄への言及もなかった。物足りなさが残った米朝首脳会談だが、それでも北朝鮮が対話のテーブルに着いた意味は大きい。この好機を生かそうと、安倍晋三首相も日本人拉致問題の解決に意欲を示している。「拉致は解決済み」と、かたくなな北朝鮮の姿勢は変わりうるのか。日朝首脳会談で北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の真意を確かめ、解決法を探るべきだ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
  5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです