メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

連立政権、協議大詰め 難民抑制で対立 継続か再編か

 【ベルリン中西啓介】ドイツへの難民抑制策を巡って対立するメルケル首相とゼーホーファー内相が2日夕(日本時間3日未明)、ベルリンで事態打開のための会談に臨む。ゼーホーファー氏は前日、党首を務める独南部バイエルン州の地域政党・キリスト教社会同盟(CSU)の会合で内相と党首を辞任する意向を漏らしている。CSU離脱による連立与党の過半数割れも懸念される中、政権の命運を決める会談になる。

 独国政ではメルケル氏の第1党・キリスト教民主同盟(CDU)とCSUが保守系最大会派を作り、第2党の…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1043文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです