メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソン

アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール氏=メキシコ大統領選で当選した

率直な物言いで人気 アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール氏(64)

 勝利演説で真っ先に国民に「和解」を呼びかけた。既成政党の政治家や企業家など富裕エリート層を「権力のマフィア」と非難し「国内の分断を深めた」との批判があるからだ。

 南部タバスコ州の出身。1970年代に中道右派与党・制度的革命党(PRI)に入党、政治活動を始めた。88年に離党して中道左派・革命民主党(PRD)の創設に参加した。2000~05年にメキシコ市長を務めた後、2度の大統領選に挑戦。しかし、いずれも次点に終わった。14年に左派政党・国家再生運動(Morena)を設立し、3度目の大統領選で雪辱を果たした。

 長い政治活動の中でスキャンダルに見舞われたことがなく、クリーンなイメージが強みだ。トランプ米大統領…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文780文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです