メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米の対イラン強硬策の波紋=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 トランプ米大統領はイランとの核合意から離脱し、イラン産原油の輸入停止を各国に要請した。核兵器開発を完全に断念させる新たな「核合意」を求める。

 トランプ大統領の強硬策は何に結実するのか。手掛かりは2点だ。第一はイランの政治過程への影響だ。主要6カ国との「核合意」は穏健保守派が推進したが、革命防衛隊はこれに批判的だ。経済制裁が解除されないばかりか、原油輸出さえも先細りで、経済運営は極度に困難化した。革命防衛隊はテヘランのバザール商人たちに、反ロウハニ大統領路線を掲げた一時閉店を強要する。

 米国政権との交渉未成立に対して、穏健保守派内部での亀裂も生まれた。元大統領アクバル・ハシェミ・ラフ…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです