メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

ウサギ 気軽に飼う前に

ウサギの骨は密度が低く、落下の衝撃などで折れやすい。立ったまま抱くのは禁物だ=東京都練馬区で、梅田啓祐撮影

 フワフワの毛にクリッとした目--。ペットとして人気のウサギだが、おとなしそうなイメージに反して「飼ってみると大変」という声もある。不幸な「捨てウサギ」を増やさないために、ウサギを飼う上で知っておくべき心構えを探った。

 ●実は懐きにくい

 「寂しい思いをさせてごめん。迎えに来たよ」。6月中旬、東京都内の40代の夫婦が、ウサギ専用ホテル「ラビット・アイランド」(東京都練馬区)を訪れた。旅行中に預けていた薄茶色の雑種、ターフィー(雌、2歳)との1週間ぶりの再会だ。だが、夫婦を前にしてもターフィーは耳をピーンと伸ばして動かない。店長の田口みどりさん(46)は「ウサギは被捕食動物なので不安や警戒心を抱いて懐きにくい。可愛いけれど手がかかる上級者向けのペット」と説明する。

 1級愛玩動物飼養管理士でもある田口さんはこれまで約1万羽以上のウサギの面倒を見てきた。デリケートゆ…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. カルビー 加熱すると…ポテチ出火で販売中止
  4. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです