メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲名場面 1997年名古屋場所 横綱・貴乃花を破った蒼樹山

枝川親方

デビュー10連敗めげず

 初金星は一生の宝物になる。蒼樹山(現枝川親方)にとっては、1997年名古屋場所3日目で横綱・貴乃花を破った一番。「今でも鮮明に覚えている」と振り返る。

 前頭2枚目。2日目に貴乃花の兄、大関・若乃花を破って意気は上がっていた。貴乃花戦は「小細工も何もなし」。終始一貫、突き押しに徹すると決めて臨んだ。のど輪で体勢を崩すと、一方的に横綱を土俵の下まで押し倒した。

 この名古屋場所を制したのは貴乃花。自身は初日から3連勝しながら6勝9敗と負け越した。「殊勲賞がもら…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです