メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 シングルス 西岡が敗退

ウィンブルドン選手権で第25シードになったS・ウィリアムズ。ランキングが低いのに選ばれたことに不満の声もある=ロイター

 【ウィンブルドン浅妻博之】2日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕した。男子シングルス1回戦は、西岡良仁(ミキハウス)が、前回準優勝で第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に1-6、4-6、4-6でストレート負けした。ロジャー・フェデラー(スイス)は順当に勝ち上がった。女子シングルス1回戦では、今年の全仏オープン準優勝で第4シードのスローン・スティーブンス(米国)が初戦で姿を消した。大会主催者は、男子シングルスのアンディ・マリー(英国)が臀部(でんぶ)のけがで欠場すると発表した。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです