メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 シングルス 西岡が敗退

ウィンブルドン選手権で第25シードになったS・ウィリアムズ。ランキングが低いのに選ばれたことに不満の声もある=ロイター

 【ウィンブルドン浅妻博之】2日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで開幕した。男子シングルス1回戦は、西岡良仁(ミキハウス)が、前回準優勝で第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に1-6、4-6、4-6でストレート負けした。ロジャー・フェデラー(スイス)は順当に勝ち上がった。女子シングルス1回戦では、今年の全仏オープン準優勝で第4シードのスローン・スティーブンス(米国)が初戦で姿を消した。大会主催者は、男子シングルスのアンディ・マリー(英国)が臀部(でんぶ)のけがで欠場すると発表した。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS トミカファンのコレクター欲を刺激する「武将コレクション」 2月は「伊達政宗」を大胆デザイン
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです