メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 問われる番付権威=武藤久

 栃ノ心が5月の夏場所後に昇進して、高安以来1年ぶりの新大関誕生となった。めでたい昇進の一方で、その高安は夏場所を全休、もう1人の大関の豪栄道も途中休場して、2人は名古屋場所をカド番で迎える。

 悲喜こもごもの大関陣の話題の陰で、元大関の照ノ富士が新番付で幕下に陥落した。1958年に年6場所制になって以降、十両に落ちたのは大受、雅山、把瑠都に次いで照ノ富士が4人目だったが、幕下降下は初めてだ。

 横綱が最高位となったのは明治末の09年。それまで最高位は大関で、もともと三役という言葉は、横綱がな…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  5. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです