メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 問われる番付権威=武藤久

 栃ノ心が5月の夏場所後に昇進して、高安以来1年ぶりの新大関誕生となった。めでたい昇進の一方で、その高安は夏場所を全休、もう1人の大関の豪栄道も途中休場して、2人は名古屋場所をカド番で迎える。

 悲喜こもごもの大関陣の話題の陰で、元大関の照ノ富士が新番付で幕下に陥落した。1958年に年6場所制になって以降、十両に落ちたのは大受、雅山、把瑠都に次いで照ノ富士が4人目だったが、幕下降下は初めてだ。

 横綱が最高位となったのは明治末の09年。それまで最高位は大関で、もともと三役という言葉は、横綱がな…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1057文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです