メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/14 奈良大教授・上野誠さんの書 自分の「今」を閉じ込める

 <くらしナビ・カルチャー>

筆ペン駆使し自分流 書簡を年1000通以上

 万葉集の研究で知られる上野誠・奈良大学教授(58)は、年間1000通を超える毛筆の手紙をしたためる書の愛好家だ。「『右』と『左』という字は、1画目と2画目の書き順が違うでしょう」。そうでしたっけ、と目を泳がせる記者を横目に、筆の毛先を白い紙の上にサラサラと滑らせると、優美な崩し字が現れた。「『右』は左払い、横棒。だから横方向に伸びる。『左』は逆で、縦方向に伸びる。毛筆で書くと記号的な意味だけでない文字のいろいろな情報が分かる」。長年厳しい稽古(けいこ)を積まれたのかと思いきや、「本格的に習ったことはなくて、展覧会に出すような書ではない。言ってみれば素人。でもそれが大事なんです」。誰でもない自分が「今」という瞬間を生きた証しを、文字に込めるのだという。

 実は10年ほど前まで、書との縁はかなり薄かった。小学生の頃、地元の書道教室に通ったが2年でやめた。…

この記事は有料記事です。

残り1293文字(全文1708文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです