メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本サッカー協会会長

西野氏の今後「まだ話していない」

【ベルギー-日本】戦況を見つめる西野監督=2018年7月2日、長谷川直亮撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本は2日(日本時間3日)、決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦し、同点の試合終了間際に失点して2-3で敗れ、初のベスト8進出はならなかった。西野朗監督とベルギーのマルティネス監督、日本サッカー協会の田嶋会長のコメントは以下の通り。

 西野朗監督 ワールドカップの怖いところでしょうか。追い詰めましたけど、何が足りないんでしょうね……。本気のベルギーがそこにあった。まだ壁は厚いのかもしれない。

 ベルギー・マルティネス監督 W杯で0-2から逆転するのは非常に難しい。勝ちたいという気持ち、絶対にあきらめない気持ちがよかった。日本はチーム全体がハイレベルで、幸運が欠けていたのかもしれない。

 田嶋幸三・日本サッカー協会会長 2-3という結果を受け入れ、堂々と帰りたい。この敗戦は日本のサッカーの節目になる。西野監督を信じ、任せてよかった。(後任、続投については)まだ話していません。

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]