メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

白鵬と稀勢が久々の稽古 稀勢「目覚めた感じ」

 大相撲名古屋場所(8日初日・ドルフィンズアリーナ)への動向が注目される横綱・稀勢の里が2日、名古屋市東区の九重部屋で、同じく出稽古(でげいこ)に来た横綱・白鵬と昨年の春場所前以来、約1年4カ月ぶりとなる熱のこもった稽古を披露した。

 7場所連続休場中で、3日に32歳になる稀勢の里は体をぶつけるような押し合いや、右上手を引くとがむしゃらに寄るなど必死さが前面に出た。腰高や相手の突き、押しに膝から崩れるように…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです