メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

琴恵光、宮崎県出身44年ぶりの新入幕

 8日に初日を迎える大相撲名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)で、佐渡ケ嶽部屋の琴恵光(26)=本名・柏谷充隆=が、宮崎県出身では44年ぶりに新入幕を果たした。地元は記念式典が開かれるなど大盛り上がり。琴恵光は期待の声に「温かい言葉を掛けてもらい、本当に励みになっている」と活躍を誓った。

 東十両2枚目で臨んだ5月の夏場所で11勝4敗の好成績を残した。夏場所10日目、幕内での取組が組まれ、関脇経験のある妙義龍と対戦。177センチ、137キロの筋肉質の体で持ち前の攻める相撲を貫いて寄り倒した。勝ち越しを決めたこの一番を「自分らしい相撲が取れた」…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです