メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

セリーナのシード賛否 産休でランク降下

大会前に会見するセリーナ・ウィリアムズ=2018年7月1日、AP

 ウィンブルドン選手権の女子シングルスで7度の優勝を誇る世界ランキング181位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が、第25シードになったことで論議を呼んでいる。S・ウィリアムズは大会前の記者会見で「シードは期待していなかったので驚いている」と喜んだが、シード権を当落線上で失った選手からは「不公平だ」と不満の声も聞こえる。

 元世界ランキング1位で4大大会通算23勝のS・ウィリアムズは、昨年4月に妊娠を公表してシーズン全て…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです