メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

セリーナのシード賛否 産休でランク降下

大会前に会見するセリーナ・ウィリアムズ=2018年7月1日、AP

 ウィンブルドン選手権の女子シングルスで7度の優勝を誇る世界ランキング181位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が、第25シードになったことで論議を呼んでいる。S・ウィリアムズは大会前の記者会見で「シードは期待していなかったので驚いている」と喜んだが、シード権を当落線上で失った選手からは「不公平だ」と不満の声も聞こえる。

 元世界ランキング1位で4大大会通算23勝のS・ウィリアムズは、昨年4月に妊娠を公表してシーズン全て…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです