メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 夜空の星々は、地球上の様々な思いを反映し吸い取ってきた。亡くなった人が星になる、という感覚は世界共通なのだろう。本当は地下に埋葬(まいそう)されたり、土に還(かえ)ったりするので、死者が行く先は天上ではないのだけれど、人々は天国をイメージするとき、やはり空のかなたを見上げるらしい。

 いつだったか、あの星々は実はただの穴ではないのかと思ったことがある。漆黒の宇宙は黒い幕でしかなく、そこに無数の穴が空(あ)いていて、その穴から天上世界の光が漏れてくる、と想像したとき、さて、その光溢(あふ)れる世界はどんな風になっているのだろうと、胸をかき立てられた。あの小さな穴まで這(は)い上って、こっそり覗(のぞ)き見てみたいものだと。

 常にチカチカと光の粉をこぼし続けている穴もあれば、ぼんやりと白く、紗(しゃ)を掛けたように空いた丸…

この記事は有料記事です。

残り5085文字(全文5449文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです