メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 社会保障と税

=太田康男撮影

 旧民主党政権時代の2012年8月、自民、公明両党との3党合意に基づき、消費増税を柱とする「税と社会保障の一体改革関連法」==が成立した。安倍政権は消費税率10%への引き上げを2度先送り。少子高齢時代に税と社会保障の問題にどう向き合うべきか。当時首相だった野田佳彦衆院議員(61)と振り返る。【聞き手・南恵太】

この記事は有料記事です。

残り3621文字(全文3776文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです