メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

イランと英仏独中露、維持へ6日会合 「米抜き」難航も

 【テヘラン、ウィーン共同】イランと英仏独中露5カ国は3日までに、トランプ米政権によるイラン核合意離脱と制裁再発動の表明を受け、存続の危機にひんした合意の救済に向け、6日にウィーンで外相級会合を開く方針を固めた。関係国の外交筋が共同通信に明らかにした。国内経済の減速が止まらないイランに合意残留を説得するためのハードルは高く、協議は難航も予想される。

 核合意当事国で問題解決に当たる合同委は5月以降、次官級や実務者レベルの会合を複数回実施し、米国抜き…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです