メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギー

米強硬姿勢に拍車か イラン外交官がテロ計画

 【ブリュッセル八田浩輔】フランスで行われたイランの反体制派の集会を狙ったテロ計画が明らかになり、ベルギー検察は2日、イラン人外交官を含む4人を拘束したと発表した。集会にはトランプ米大統領の顧問弁護士を務めるジュリアーニ元ニューヨーク市長らも出席しており、イラン核合意からの離脱を表明し、原油禁輸などの制裁を再発動する方針を発表した米国はイランへの強硬姿勢をさらに強めそうだ。

 検察の発表によると6月30日、ブリュッセル郊外で30代のイラン系ベルギー人カップルを拘束し、車の中…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文602文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです