メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海第2

「適合」案提示 規制委、被災原発で初

日本原子力発電の東海第2原発。左端は廃炉作業中の東海原発=本社ヘリから丸山博撮影

 原子力規制委員会は4日の定例会で、日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村、110万キロワット)について、再稼働に向けた安全対策の基本方針を定めた新規制基準に適合しているとする審査書案を提示し、議論を始めた。審査書案は安全審査の事実上の「合格証」。了承されれば、2011年の東日本大震災で被災した原発としては初の合格となる。

 東京電力福島第1原発の事故後、原発の運転期間は原則40年と定められ、規制委が認めれば1度だけ最長2…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです