メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY原油

75ドル突破後売り 一時3年7カ月ぶり高値

 3日のニューヨーク原油先物相場は、リビア産原油の供給減に対する懸念から急伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の8月渡しが、1バレル=75ドルを突破し、一時、2014年11月以来、約3年7カ月ぶりの高値水準をつけた。その後、供給を巡る報道を受けて売りが膨らみ、乱高下した。

 午前11時現在は、前日比0.98ドル安の1バレル=72.96ドルをつけた。

 朝方は、リビアの国営石油会社が2カ所の港で原油の積み出しができず、日量85万バレルの供給減につなが…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです