メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米メキシコ首脳電話協議

冷え込む両国関係改善へ動き

 【メキシコ市・山本太一】1日のメキシコ大統領選で当選した野党・左派「国家再生運動(Morena)」の元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(64)が2日、初めてトランプ米大統領と約30分間、電話協議した。米国への不法移民流入や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡って意見を交わし、冷え込んでいる両国関係の改善を目指す動きが始まった。

 ロペスオブラドール氏はツイッターで「メキシコでの雇用創出や移民減少、治安改善のため包括合意を目指す…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文432文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです