メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米メキシコ首脳電話協議

冷え込む両国関係改善へ動き

 【メキシコ市・山本太一】1日のメキシコ大統領選で当選した野党・左派「国家再生運動(Morena)」の元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(64)が2日、初めてトランプ米大統領と約30分間、電話協議した。米国への不法移民流入や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡って意見を交わし、冷え込んでいる両国関係の改善を目指す動きが始まった。

 ロペスオブラドール氏はツイッターで「メキシコでの雇用創出や移民減少、治安改善のため包括合意を目指す…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文432文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです