メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

合意の救済へ6日外相会合 米除く当事国

 イランと英仏独中露5カ国は3日までに、トランプ米政権によるイラン核合意離脱と制裁再発動の表明を受け、存続の危機にひんした合意の救済に向け、6日にウィーンで外相級会合を開く方針を固めた。関係国の外交筋が共同通信に明らかにした。国内経済の減速が止まらないイランに合意残留を説得するためのハードルは高く、協議は難航も予想される。

 核合意当事国で問題解決に当たる合同委は5月以降、次官級や実務者レベルの会合を複数回実施し、米国抜き…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  4. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです