メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

錦織、勝負どころ逃さず一気に

1回戦でハリソンと対戦する錦織=ロイター

 テニスのウィンブルドン選手権第2日は3日、男子シングルス1回戦で錦織圭はクリスチャン・ハリソン(米国)を降し、7年連続で2回戦に進んだ。

 芝は錦織にとって、いわば鬼門だ。ウィンブルドン選手権は2015、16年と棄権し、4大大会で唯一8強に進んでいない。「芝は最もベストなプレーができない。今年は良い結果が得られることを願っている」。苦手意識を振り払うべく、9年連続の聖地に挑んだ。

 錦織は第1セットを奪っても簡単に主導権を握れず、「風もあってクリーンヒットが難しかった」とリターン…

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです