メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢 32歳誕生日に復活手応え、宮城野部屋出稽古で正代に全勝(スポニチ)

宮城野部屋朝稽古のぶつかり稽古で白鵬に転がされる稀勢の里(手前)=スポニチ

 大相撲名古屋場所(8日初日、ドルフィンズアリーナ)への動向が注目される横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が3日、32歳の誕生日を迎え、名古屋市緑区の宮城野部屋で出稽古を行った。宮城野部屋の横綱・白鵬(33)と2日連続の三番稽古とはならなかったが、前頭筆頭の正代と11番取って全勝。復活へ光が見えてきた。

     2日に出稽古先の九重部屋で白鵬と熱のこもった稽古を行い「非常にいい稽古になった」と自ら連絡を取って宮城野部屋を初訪問。白鵬の調整の関係でこの日の再戦はならなかったが、ぶつかり稽古で胸を借り、約5分間全力で押し続けた。「体の感覚、スピードが出てきた気がする。動きはだいぶ良くなっている」と晴れやかな表情で話した。視察した師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)も好転を評価。「明日、あさっても稽古したい」と意気込んだ稀勢の里の状態を見て、5日に判断する見込みだ。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
    2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
    3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
    4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
    5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです