メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

福田こうへい/川上大輔=専門編集委員・川崎浩

福田こうへい 自分でペースを作る

 歌にとって、最も重要な個性は「声の音色」である。音程やリズム感や発声法など「うまい・へた」にかかわる要素はいくつもあるが、「音色」は決定的に個性を左右する。1音発せられただけで誰であるか分かることは、歌手にとっても歌そのものにとっても非常に意味のあることなのだ。

 福田こうへいは、遠くのテレビから聞こえても、即、福田と分かる声を持っている。そもそもの声質と民謡で鍛え上げた修練による声音である。新曲「天竜流し」(キング)は、天竜川下りを背景にした家族を思う男の歌で、初のご当地ソング。「民謡の作業歌のつもりで臨んでいる…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです