メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

洞窟学、洞穴学と呼ばれる学問分野がある…

 洞窟学、洞穴学と呼ばれる学問分野がある。日本洞窟学会のホームページによると、研究内容は地質、生物、考古学など幅広い分野に及ぶ。共通点は洞窟で調査、研究を進めることだ▲洞窟は人類にとって長く自然の脅威から身を守る住居だった。旧石器時代の壁画が残るスペインのアルタミラ洞窟など貴重な遺跡も多い。光のない環境で進化し、目がなくなった生物など独自の生態系も存在する▲迷路のような洞窟に入るには専門的な知識や技術、装備が不可欠だ。水中洞窟では潜水技術も求められる。洞窟学と表裏一体の関係にある洞窟探検はケービングと呼ばれ、欧米では人気の高いアウトドアスポーツの一つだ。万一の場合の救援組織もある▲豪雨でタイ北部の広大な洞窟に閉じ込められた地元サッカーチームの少年らを発見したのはボランティア組織「英国洞窟救援協会」に所属するケービングの専門家たちだった。水没した洞窟を潜水し、少年たちが避難した一角にたどり着けたのは蓄積された知識や経験のたまものだろう▲暗闇の中、十分な食料も持たずに10日間も生き延びた少年たちのチームワークは驚嘆に値するが、救出方法はまだ固まっていない。ポンプで洞窟から水をくみ出し、洞窟内の水位を下げるのにも時間がかかるという▲それでもタイ当局に加え、日本など世界各国の災害救助や排水の専門家らが救援活動に加わっていることは心強い。知識や技術を駆使し、一日も早く、少年たちを太陽の下に連れ戻してほしい。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
    2. アイス ピノがCMをやめた理由
    3. ORICON NEWS “冬アイス”定着の陰で『100円みぞれ』が販売終了、ふわサク「進化系かき氷」戦争へ
    4. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
    5. 濃厚ながらもすっきり「カップヌードルみそ味」4月発売

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです