メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

受刑者逃走の「塀のない刑務所」 信頼回復へ閉鎖性打破=中川祐一(松山支局)

松山刑務所大井造船作業場の寮舎「友愛寮」=愛媛県今治市大西町新町で4月15日、松倉展人撮影

 松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)の受刑者だった平尾龍磨被告(27)=単純逃走罪などで起訴=が4月8日から23日間に及ぶ逃走劇を繰り広げた事件は、全国でも珍しい「塀のない刑務所」で起きた。塀や格子のない「開放型施設」は、一般的な矯正施設より更生につながりやすいとされ、実際に受刑者が出所後に再び犯罪を犯して刑務所に戻る「再入率」は一般の刑務所よりも低い。事件の調査報告は、作業場での受刑者の内面の環境に問題があったとしており、国は十分な対策を講じ、開放型に対する信頼回復を図るべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2035文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです