メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

自然現象、古文書で解読 気候変動や災害の研究に生かす

 昔の人々が書き残した古文書や絵図などから当時の自然現象を最新の科学で読み解き、気候変動や災害などの研究に生かす動きが広がっている。文理の壁を越えた研究者の協力で、現代の私たちの生活にも役立つ知識や経験が明らかになってきた。【阿部周一、渡辺諒】

 ●降水量の変化推定

 総合地球環境学研究所(京都市)の中塚武教授らは、遺跡から出土した古い木材から得たデータに古文書の記載を組み合わせ、降水量や気温がどう変動したかを調べている。

 まず保存状態の良い木材を見つけ、そこに含まれる通常の酸素(酸素16)と、それよりやや重い酸素18の…

この記事は有料記事です。

残り1462文字(全文1723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです