メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

キタシロサイの受精卵作る 種の保存に

 絶滅危惧種のキタシロサイの凍結精子と近縁種の卵子を用いて受精卵を作ったと、欧州や日本などの研究者チームが4日付の科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

 ケニアの自然保護区にいるキタシロサイは最後のオスが今年3月に死んで、メス2頭が残るのみ。絶滅寸前の種の保存に向け、チームはキタシロサイの受精卵を作って母胎に移植することを目標としており「絶滅危惧種を救う有効な戦略になる」と期待する。

 チームは、冷凍保存していた精子を近縁種であるミナミシロサイの卵子に顕微鏡で見ながら注入し、受精卵を…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです