メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥獣被害

野生猿にGPS 行動を"見える化"宮崎で実験

今年2月にGPS搭載の首輪が取り付けられたメスのサル=宮崎県提供

 野生の猿による農作物被害を減らすため、宮崎県はGPS(全地球測位システム)で群れの位置を特定し、行動パターンを把握するシステムの実証実験を進めている。群れがいつ、どこに現れるかデータから予測できれば、効率的な対策を取って猿を殺すことなく山に返すことができる。担当者は「人間と猿が共存するため行動を『見える化』し、住民と協力して被害を防ぎたい」と話す。【黒澤敬太郎】

 農林水産省によると、猿による2016年度の農作物被害は全国6番目の5431万円で、1600万円台の…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1025文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  3. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  4. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです