メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ

シーボルト「お抱え」絵師のびょうぶ、見つかる

川原慶賀が長崎湾の風景を描いたびょうぶ。「カメラを持たない写真家」とも呼ばれる精緻な描写で停泊する中国船なども描いている=Rene Gerritsen撮影、オランダ・ライデン国立民族学博物館提供

川原慶賀が長崎湾描く ライデン国立民族学博物館発表

 【ブリュッセル八田浩輔】オランダのライデン国立民族学博物館は4日、江戸時代末期に長崎・出島に出入りを許されていた日本人絵師、川原慶賀が長崎湾を描いたびょうぶがオランダ国内で見つかったと発表した。慶賀はオランダ商館のドイツ人医師シーボルトらの依頼で精緻な風俗画や動植物の絵を多く残したことで知られるが、びょうぶは唯一の作品だという。5日から同博物館で展示される。

 八曲全面に出島や停泊中の中国船などを含む長崎湾の全景が描かれたびょうぶは高さ171センチ、横470…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです