メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダメAI

「人間の代わりでなく補完」 開発提唱する米エール大のクリスタキス教授

米エール大学ネットワーク科学研究所のニコラス・クリスタキス教授=米東部コネティカット州で、清水憲司撮影

 あえてトラブルを引き起こす「ダメな人工知能(AI)」の開発を提唱する米エール大学ネットワーク科学研究所のニコラス・クリスタキス教授に狙いを聞いた。

--ネットワーク科学研究所の目的は?

 ◆いくつかの方向性があるが、一つはそもそもなぜ人間は友達をつくるのかという問題に取り組んでいる。ゾウやある種のクジラは友達を作るが、野生動物の世界では非常にまれだ。人間は社会的なネットワークの中で生きており、そのことが人間の進化や生存にどんな影響を及ぼしてきたかを研究している。人間は体内のバクテリアとともに進化してきたし、人間が友達を作ってきたことが免疫システムの進化にも影響しているだろう。

この記事は有料記事です。

残り1426文字(全文1716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです