メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダメAI

「人間の代わりでなく補完」 開発提唱する米エール大のクリスタキス教授

米エール大学ネットワーク科学研究所のニコラス・クリスタキス教授=米東部コネティカット州で、清水憲司撮影

 あえてトラブルを引き起こす「ダメな人工知能(AI)」の開発を提唱する米エール大学ネットワーク科学研究所のニコラス・クリスタキス教授に狙いを聞いた。

--ネットワーク科学研究所の目的は?

 ◆いくつかの方向性があるが、一つはそもそもなぜ人間は友達をつくるのかという問題に取り組んでいる。ゾウやある種のクジラは友達を作るが、野生動物の世界では非常にまれだ。人間は社会的なネットワークの中で生きており、そのことが人間の進化や生存にどんな影響を及ぼしてきたかを研究している。人間は体内のバクテリアとともに進化してきたし、人間が友達を作ってきたことが免疫システムの進化にも影響しているだろう。

この記事は有料記事です。

残り1426文字(全文1716文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです