メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

豪栄道、栃ノ心に貫禄全勝、先輩大関の意地 カド番脱出へ復調(スポニチ)

 大相撲名古屋場所(8日初日、ドルフィンズアリーナ)で7度目のカド番を迎える大関・豪栄道(32=境川部屋)が4日、三番稽古で新大関・栃ノ心を圧倒し復調を印象付けた。「良かったです。(意識していることが)できている。自分のやることを腹に決めてやるだけ。あとはしっかり体をケアして、疲れを取って臨みたい」

     先輩大関の貫禄だった。愛知県扶桑町の境川部屋に出稽古に来た栃ノ心と11番取って全勝。鋭い踏み込みから前傾姿勢を徹底し、上手を取らせなかった。怪力を誇る新大関は「おもちゃにされた」と舌を巻いた。

     前日3日は犬山市の出羽海部屋に出稽古し、居合わせた栃ノ心と高安の2大関を相手に12番で11勝。この2日間の稽古で「ある程度、仕上がった」と納得の表情を見せる。途中休場した5月の夏場所で痛めた左足首も問題ない。16年秋場所の全勝優勝もカド番だった。逆境での強さは証明済み。2度目の賜杯を狙っている。

     ≪栃ノ心「悲しいね」≫栃ノ心が、豪栄道に全敗。さすがに悔しそうな顔つきで、何度も「くそっ」と叫んだ。稽古直後も「悲しいね」としばらく沈んでいたが、シャワーを浴びると「(気持ちは)もう直ったよ」と、切り替えた。見守った師匠の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)も「調子が悪いわけではなく、合口が悪いだけ」と、気にしていなかった。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです