メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織3回戦へ、3年連続

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第4日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス2回戦で第24シードの錦織圭(日清食品)が、世界ランキング184位のバーナード・トミック(オーストラリア)に2-6、6-3、7-6、7-5で逆転勝ちし、3年連続で3回戦に進んだ。

 錦織は、1932、33年に4強入りした佐藤次郎を抜いて大会通算15勝とし、日本男子最多となった。3…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文872文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです