メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/198 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(33)

「なんてこった、気の毒に。まだ若い女の子じゃねえですか」

 よっさんが両手をあわせてから、手桶(ておけ)で水をかぶる。直邦が防火水槽のなかを覗(のぞ)きたがったが、登美子が見てはいけないと厳しくいうと静かになった。全員がたっぷりと頭から足の先まで濡(ぬ)れているのを確認して、タケシは水槽のふたをしっかりと閉めた。空襲を生き延びたら警防団に通報して、この防火水槽に眠る姉妹を丁重に葬ってもらおう。

 ずぶ濡れのタケシたちは川沿いの道に戻った。間近に見る焼夷(しょうい)弾は生きもののようだった。六角…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文976文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  5. 知事発言録 15~21日 /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]