メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眞鍋知子の街を元気に

/57 十数年ぶり、3人の集い リーダーに学ぶ点多く /石川

 6月末、早生(わせ)品種「はなよめ」がたわわに実る福島県桑折町の桃畑で、私たち3人は十数年ぶりに集った。

 ご縁の始まりは、2006年6月に国立女性教育会館(NWEC)で開催された全国地域婦人団体連絡協議会(略称・全地婦連)のリーダー研修会だった。最初に私が「ソーシャル・キャピタル~信頼をつむいで~」と題した講演を担当した。次に、桑折町女性団体連絡協議会会長(当時)の畠腹(はたふく)桂子さんから実践事例として「男女共同参画社会の実現を軸にした活動」が紹介された。この研修会を取り仕切っていたのが全地婦連事務局長(当時)の加藤さゆりさんである。

 加藤さんはその後、消費者庁参事官から長野県副知事を務め、3年前より独立行政法人国民生活センターの理…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1296文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです