メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国 対中関税きょう発動(その1) 農家は鉄の犠牲か

対中追加関税、報復の標的

 トランプ米大統領が仕掛ける貿易戦争。鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限に続き、6日には中国だけを対象にした追加関税を発動する。保護主義政策で利益を受ける「鉄の町」が特需に沸く一方、中国の報復関税の標的となる農家は打撃を被る。トランプ氏の支持基盤に大きな亀裂が生まれている。

 視界360度の遠くまで広がる大地に大豆とトウモロコシが青々と茂る。全米3位の農業生産高を誇る中西部ネブラスカ州。農産物の3分の1は輸出され、最大市場が中国だ。中国による報復関税の対象には同州の農産物の大半が含まれ、現地では怒りと不安が交錯していた。

 「農業はまるで王子の身代わりにムチ打たれる少年だ」。州南部シェルトンの約970ヘクタールの畑で大豆…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文877文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです