メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

男・村田の再出発/1(その1) もう一度、プロ野球で

力強いスイングで安打を放つ栃木ゴールデンブレーブスの村田修一=新潟県南魚沼市のベーマガスタジアムで2018年7月1日、藤井達也撮影

 <document>

 7月1日、濃い緑の山々に囲まれた新潟県南魚沼市の球場。野球の独立リーグ、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスと新潟アルビレックスベースボールクラブとの試合は午後1時に始まった。気温は30度を優に超える。

 栃木の4番・村田修一選手(37)は第1打席で中堅への犠飛を放った。日に焼けた腕で額の汗をぬぐいながら、「いい野球ができるようになってきた。悔いのないように、最後までやりぬきたい」と言った。

 昨年10月、6年間在籍したプロ野球(NPB)、巨人からチームの若返りを理由に戦力外となった。プロ1…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文616文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです