メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

男・村田の再出発/1(その2止) 厳しい環境で黙々

一塁に全力疾走する栃木ゴールデンブレーブスの村田修一=新潟県南魚沼市のベーマガスタジアムで2018年7月1日、藤井達也撮影

 <document>

 

 1日、栃木ゴールデンブレーブスの村田修一選手(37)らを乗せたバスが午前6時半に本拠地の栃木県小山市を出発した。すぐに車内は静まりかえり、選手たちは眠りにつく。午前9時半、バスがスタジアム正面に横付けされた。

 1日の新潟戦は3連戦の3試合目。3連戦とはいっても、同じ球場で3試合を戦うことが多いプロ野球(NPB)とは違う。金曜日は新潟県長岡市で新潟とデーゲームを戦って小山市に戻り、翌日の土曜日は宇都宮市で午後1時からのホームゲーム。日曜日は再び、新潟と戦うために新潟県南魚沼市にやってきた。5月上旬には、福島県西会津町に行き、一度帰って翌日は長岡市に向かう遠征も経験した。南魚沼市からの帰り、バスに乗る前に、苦笑しながら言った。「今日は(小山までの距離が)近い。『3時間が近い』というのはもう、錯覚ですけどね」

 BCリーグは2007年に北信越の4チームでスタートした地域密着型のプロリーグ。NPBを目指す選手が…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1114文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです