メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本版「司法取引」

斎藤隆博・最高検新制度準備室長

 他人の犯罪を捜査機関に明かす見返りに自分の刑事処分などを軽くしてもらう日本版「司法取引」(政府略称は合意制度)が6月1日にスタートして1カ月余。組織犯罪の解明につながる新たな捜査手法とされるが、無実の人を冤罪(えんざい)に巻き込む危険性も指摘される。検察官、弁護士、専門家に運用のあり方や課題などを聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4309文字(全文4463文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです