メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日本版「司法取引」

斎藤隆博・最高検新制度準備室長

 他人の犯罪を捜査機関に明かす見返りに自分の刑事処分などを軽くしてもらう日本版「司法取引」(政府略称は合意制度)が6月1日にスタートして1カ月余。組織犯罪の解明につながる新たな捜査手法とされるが、無実の人を冤罪(えんざい)に巻き込む危険性も指摘される。検察官、弁護士、専門家に運用のあり方や課題などを聞いた。

この記事は有料記事です。

残り4309文字(全文4463文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです