メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

大阪北部地震 老朽水道管の破断相次ぐ

地震により水道管が破裂し、冠水した道路=大阪府高槻市で2018年6月18日、川平愛撮影

 大阪北部地震では、老朽化した水道管の破断のため大阪府高槻市で最大約8万6000世帯が断水するなど水道の被害が相次いだ。大阪府は法定耐用年数の40年を超えた老朽管の割合がおよそ3割を占め、全国ワースト。耐震性が確保された主要水道管の割合も4割に満たない。南海トラフ巨大地震への対応が迫られる中、市町村は耐震管へ更新を進めるが、多額の費用が立ちはだかる。

 6月18日の地震では、高槻市と吹田市で水道管が破断し、道路が冠水した。この影響で、高槻市では19日…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1254文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです