メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

8日初日 稀勢、秋場所に再起 横綱最長、8場所連続休場

5日もすり足で汗を流すなど稽古に取り組んだ稀勢の里=藤田健志撮影

 大相撲名古屋場所(8日初日、ドルフィンズアリーナ)を前に、横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)の休場が決まった。稀勢の里は5日、名古屋市西区の部屋宿舎で「必死に稽古(けいこ)をしてきたが、調整がうまく進まなかった」と語った。横綱の8場所連続休場は、年6場所制になった1958年以降、7場所連続の貴乃花を上回り単独最長。

 4日夕方に師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)に相談して決めたという。2日から3日連続で出稽古する…

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです